ハワイアンジュエリー 製法

LocalBrandでは、デザインバリエーションや高品質にこだわり、様々な製法によりジュエリーを製作しております。

 

鍛造と鋳造

指輪の製法には、大きく分けて、鍛造(たんぞう=forging)と鋳造(ちゅうぞう=Casting)という2種類の製法があります。

 

鍛造製法による
高品質の追求~オーダーメイド・マリッジリング

鍛造とは、金属を加熱して、叩いたり圧力をかけて、金属を鍛えながら成型する製法です。
金属は叩いたり延ばしたり曲げたりすることで、硬くなる性質を活かし、製作に時間とコストはかかりますが、滑らかな美しい仕上がりと、強度が生まれます。
日本刀を作るのもこの鍛造製法です。
LocalBrandでは、オーダーメイドリング、マリッジリングを主に鍛造にて製作しております。

通常の鍛造製法

鍛造した金属板を叩いて曲げて、接合部分を溶接して作ります。

ブランドポリシー
素材
ブランドポリシー
金属板を曲げる
ブランドポリシー
溶接
ブランドポリシー
リングの出来上がり

 

カット製法
Pauole Ring Collection

板状に成型した金属をドーナツ型に抜き、それを起こしてリング状にする製法です。マリッジリングに最適な、全く継ぎ目がない、滑らかなリングに仕上がります。

カット製法で製造された《Pauole Ring》はこちら

ブランドポリシー
ブランドポリシー
ブランドポリシー

 

鋳造(ちゅうぞう)とは、
高温で金属を溶かし、冷却して型から外す製法です。

デザインの自由度があり、表現に幅がある製法です。例えていえば、チョコレートを溶かして型に流し込むといったイメージです。

LocalBrandでは、自社にて原型職人が原型を製造し、オリジナル商品の製作を行っております。
形が自由に作ることができるために、主にペンダントやピアス等をキャスティングで製造しています。

ブランドポリシー
ブランドポリシー
ブランドポリシー
X